『AVATAR』Japan Premiere Report!!/『アバター』ジェームズ・キャメロン監督来日!ジャパンプレミアレポート

logonewother.gif


"AVATAR"Japan Premiere Report


2009年12月21日、六本木ヒルズにて『アバター』ジャパンプレミアが行われました!

そうです。
創造神と呼ぶにふさわしい、ジェームズ・キャメロン監督が登場です!!!

めっ・・・ちゃくちゃ寒かったのですが、キャメロン監督はやっぱり・・・オーラがあった!!!(Photo&Report by Yumiko Murata)

どーーーーーーーーーーーーーーん
avatarjp01.jpg

かっこよすぎるポスタービジュアル!!!!!!!!!
ジェイク(サム・ワーシントン)の人間姿と、ナヴィ族姿の対比が胸に突き刺さります。

そう・・・

見てしまった今となっては。

そう・・・

大変申し訳ございません。わたくし、このレポを公開前にUPしたかったのですが、
仕事やらなにやらで・・・ブツブツ・・・

・・・とまあ言い訳は置いといて、
むしろ見た今となってからのほうがいろんなことが沁みるぜ!!!
きっとすでに見た人もより興味が湧いていることと思われる!!!

正直、私・・・今、ハマりまくってます!!!「アバター」に!!!!!

だって最高すぎましたもの。涙
公開終了までに何回見に行くことやら・・・。「ロード・オブ・ザ・リング」的散財再びな予感いっぱいでございます。
※「二つの塔」「王の帰還」通算30回以上劇場にて鑑賞

はい病気〜。

・・・というわけで、同じ想いをお持ちのそこのあなた!!!!共にリンクしてパンドラへ行こうではないか!!!!




こちらのビジュアルも素敵です!!!
avatarjp02.jpg

とにかく、青が綺麗すぎる!!!
そんなわけで今回は、ブルー・カーペットでのプレミアが行われました!!

カーペットっていろんな色あるのね〜〜〜
avatarjp03.jpg

・・・って、なぜまねきねこダック!?

そんな疑問をよそに、まねきねこダックを筆頭に日本側guestのみなさまが続々登場!!


「アバター」の空気が異様に似合うダンテ・カーヴァーさん
avatarjp04.jpg

三船美佳さんと高橋ジョージさん夫妻とご歓談♪
avatarjp05.jpg

神田うのさんも加わりさらに華やかに!
avatarjp06.jpg

塚本高史さん。若手俳優さんがプレミアのゲストに来るって珍しい!
avatarjp07.jpg

3Dメガネを手に。
avatarjp08.jpg

お人形さんみたいなうのさん。いつも綺麗!!!
avatarjp09.jpg

「子供に見せたくて」と赤井英和さん。素晴らしい!!!子供時代に「アバター」見るなんてどんな大人になるのやら!素敵!!
avatarjp10.jpg

ジョージさんが語っているときに、見つめている美佳さんがなんとも美しいのです。
avatarjp11.jpg

これまた最高に美しい滝川クリステルさんと、ダンディな沢村一樹さん。
avatarjp12.jpg

ものすごく風が吹いて、本当に激寒!!!っていう感じの天候。
サラッとジャケットをかけてあげる素敵ダンディな沢村さん。
avatarjp13.jpg

それに対抗するジョージさん。爆笑!
avatarjp14.jpg

どうもクリステルさん側がフューチャーされがちな上、寒すぎて同盟を組み始めるジョージ&高史
avatarjp15.jpg

そこからことあるごとに悪態をつき始め、ダンディ沢村氏と対照的に大人げないキャラで場を和ませるジョージ&高史
avatarjp16.jpg

そうなんです。
なかなかキャメロン監督が到着できず、みなさん待ちな状態・・・・



そして!!



ついに!!!



神・降臨!!!
avatarjp17.jpg


オーラ放ちすぎ!!!!!!!!!!!!!



ああ・・・
映画史に永遠に名を刻むお方が目の前に・・・


キャメロン監督、なんと189cmもあるんです!!!ビックリ!!!!


ずっとキャメロン監督を支え続けているプロデューサーのジョン・ランドーさんもご一緒に登場です!
avatarjp18.jpg

報道陣の質問に答えるキャメロン監督は、こう呟きました。
avatarjp19.jpg


「Journey to your heart」



そして・・・
avatarjp20.jpg
avatarjp21.jpg
avatarjp22.jpg
avatarjp23.jpg

奥様の手を、ぎゅっと握ったのでした。

avatarjp24.jpg

それから、
ふたりの手はずっと最期まで握られていました。


「アバター」は、未知なる世界への好奇心を目覚めさせざるを得ない、
素晴らしい色彩や動きに満ちた新しい世界に加え、
今の世界への強烈なメッセージも散りばめられた、語り尽くせないほどに多くの学びがある作品ですが、
基本的には・・・

あまりにも素敵なラブ・ストーリーです。



"下半身不随のジェイクが、新しい身体を手に入れ、新しい星で、ネイテリに恋をする"



それだけを見つめるだけで、後の全てはほっといても魂に刻まれるような・・・そんな感覚すら覚える、
見事にシンプルなラブ・ストーリーです。

「タイタニック」完成前から新たなる星「パンドラ」のビジョンを完成させていたキャメロン監督。

キャメロン監督の何がすごいのかって、脚本もすべて自分で書いているんです。
「ターミネーター」だって「タイタニック」だって、キャメロン監督がいなかったら存在していない。
さらにすごいのは「誰にでも、どんな人にも理解や共感ができるシンプルな物語」が書けるところで、
どんなにいっぱい登場人物がいても、いろんな生物が出てきても、
すぐ友達に説明できるくらい、みんながわかりやすい物語。

なのに、見たこともない世界が広がってるんだよね。


シンプルに、奥様の手をきゅーーってできるキャメロン監督の姿に、
何かがみえる気がするのは、私だけでしょうか。



もう2人のせ・か・い♪
avatarjp25.jpg

いいねえ〜〜〜〜(親戚のおばちゃん気分)
avatarjp26.jpg

実は、ご紹介した他にもしずちゃんや穂のかさんなど、こんなにズラリといらっしゃったのだ!
avatarjp27.jpg

そして・・・

全員が3Dメガネ装着!!!!!
avatarjp28.jpg

この光景を見て、あたしゃ感激したよ。
例えるなら、「二つの塔」でグリマがサルマンの大軍勢を見てポロって泣くあのシーンのグリマ的心境?
(わかる人にしかわからない例えで申し訳ない)

「確実に時代は動いている・・・」と。

どんな形でも映画だから、3Dじゃなきゃだめとか、18ミリじゃなきゃだめとか、
そんなみみっちい、せせこましいこと言ってる場合じゃないんだよね、もう。

キャメロン監督は、まるでギリシャ神話でプロメテウスが人間に火を与えるかの如く、なんだよ。
オピニオン・リーダーの域すら超えてる。

この世界に創造主がいるなら、確実にキャメロン監督に何かをさせている。


そう。
私やポールが「神」と称する監督たちは、決してマスターベーションな作品ではなく
「この作品を生み出す運命にあった」という類の言葉を残すことが多いのだ。


どんな理由があっても、「アバター」は見なくてはいけない映画だ。
もう、映画の域を超えているのだ。
物理的にも、歴史的にも、すべての面で、キャメロン監督は新たなる世界への扉を私たちに授けた。


"ENTER THE WORLD"



この映画のコピーが、すべてを物語っている。

avatarjp29.jpg

好きか嫌いかは、見てから語ればいい。

avatarjp30.jpg

「アバター」に否定的な人たちがどうこうと言っている間に、きっとキャメロン監督はその先を見ているだろう。
そして、また新たなる世界への扉を開いてゆく。
avatarjp31.jpg

人智を超えた「何か」が、キャメロン監督に「何か」を創造させているのだろう。
avatarjp32.jpg


そう思わざるを得ない、地球を揺らす作品をつくり出す人だ・・・。

賛否両論あれど、単純に「多くの人が見た」ということは、
ものすごいパワーを生むことになるのだから。





キャメロン監督もサインするんです!!笑
avatarjp33.jpg

そこかしこに「TITANIC」の文字が。思い出すねえ・・・涙
avatarjp34.jpg

神もがんばるっ!!
avatarjp35.jpg

そんな姿を・・・
avatarjp36.jpg

見守るお二人。
avatarjp37.jpg

なんだか、すごい人だってことを忘れてしまいそうなくらいな光景。
avatarjp38.jpg

ついにカーペットイベント終了!!
avatarjp39.jpg

最後まで、ふたりの手と手はしっかりと繋がっていたのでした・・・☆
avatarjp40.jpg





胸に刻むしかない!!!
avatarjp41.jpg

「観るのではない。そこにいるのだ」


「アバター」は大ヒット公開中!!!
公式サイトはこちら!
http://movies.foxjapan.com/avatar/